ブログトップ

閲覧ありがとうございます、Lazyと言います。

本ブログでは主にポケモンシングルレートについて書いています。

 

【剣盾】

S19 最終26位&最終30位

S24 最終36位&最終85位

S25 最終54位&最終89位

S27 最終80位

S29 最終27位&最終98位

S30 最終90位

S31 最終17位&最終62位

S32 最終15位

S33 最終17位

S34 最終33位

 

Twitter:@Lazy_pk_

twitter.com

【剣盾S34 最終33位】Legendカバスタン

どうも、Lazyです。禁伝幻環境最初のシーズンお疲れさまでした。S34で使用した並びを紹介したいと思います。

スマホで閲覧される方はズームしてもらえると見やすいと思います

 

【並び】



【使用TN】

TN Silky heart 最高200× 最終100位

f:id:Lazy2525:20221001131459j:image

TN Laugh Maker 最高最終2011-33 W/L 177-88

f:id:Lazy2525:20221001131509j:image

 

【コンセプト】

カバルドンは一番上

・数値の高いポケモンでひたすら殴り、ダメージレースに勝つ

・対面選出を用意する

 

【構築経緯】

伝説が制限なく複数使えるルールにおいて、相手の立ち回りを縛ることが出来たり、対ダイマとの撃ち合い性能など採用しない理由がないと感じたザシアンとザシアンはジガルデやルギア、ホウオウなど絡め手に先に展開されると勝てないので、それらをまとめて流すことが出来るオボンカバルドンの2匹から組み始めた。

ザシアンと雨のシナジーやザシアンが不利な日食ネクロズマやホウオウなどに強く、個人的にザシアンの次に評価の高い伝説であるスカーフカイオーガを採用。

相手のカイオーガに比較的後投げが安定して、裏に大きな負荷をかけることが出来たり、カイオーガを選出されなくても優秀な耐性と技範囲で選出して腐ることなく動かせるチョッキディアルガを採用。

ディアルガや黒バドレックスに強いポケモンを考えた時に、ここまで切れていない地面の一貫を切れて、黒バドレックスに見た目一番強い珠枠である珠イベルタルと対面選出を立ち回りの一つとして成立させるために必要な襷枠の中でも、前述した2匹に強く、切り返し性能が非常に高い襷マーシャドーを採用。

 

【個体解説】

カバルドン @オボン 図太い 砂起こし

215(252)-105-172(148)-×-106(108)-57 ※S個体値10

ステロ 欠伸 怠ける 吹き飛ばし

調整意図

HB...オボン込みでA242ザシアンの+1巨獣斬を78.6%で2耐え

HD...出来るだけ高く

S...最遅60族抜かれ

主にダイナネクロイベルなどのサイクルに対してステロ+欠伸で補助するために投げる。技はスタンパにはあまり投げないため、前述したようなサイクルのネクロズマやホウオウなどに何回も後投げ出来るように地震を切って怠けるを採用している。怠けるのお陰で勝てる試合は複数回あったが、地震がないせいで負けた試合はなかったので、この選択は正解だった。特定の禁止伝説に無類の強さを誇る一般ポケモンなので、以前の環境より選出の機会は減ったが、それでも唯一無二の強さがあると感じた。

 

ザシアン @朽ちた剣 意地っ張り 不撓の剣

191(188)-242(236)-135-×-135-179(84)

巨獣斬 インファ ワイボ 石化 

調整意図

H...8n−1

A...ほぼ特化

S...準速マーシャドー抜き抜き

最強の伝説枠であり、ほぼすべての試合に選出した。じゃれつくを撃つであろうジガルデやゼクロムなどが構築的に選出されることがほぼ無く、それならばディアルガやホウオウ、日食ネクロズマなどに打点を持った方がストレスフリーに投げられると考え、インファワイボで採用した。以前までの環境では、じゃれつくや剣の舞がないとHBサンダーがかなりストレスだったが、この環境ではHB静電気サンダーが存在しないので、この技構成を何の問題もなく使うことが出来た。調整はHが中途半端な感じがしたのでSを削ってHに回して耐久ラインを底上げしてもいいと思う。

 

カイオーガ @拘りスカーフ 臆病 雨降らし

175-×-111(4)-202(252)-160-156(252)

潮吹き 波乗り 雷 れいび

調整意図

CSぶっぱ

初手から投げて場を荒らしたり、後続から投げてスイープしたりと非ダイマで動かしやすく、安定して強かった。また環境的にもトリトドンガマゲロゲのような水無効枠が全くおらず、ザシアン同様以前の環境より比較的ストレスフリーに動かすことが出来た。ただ、HDザシアンと異常なほどマッチングしたので環境的に刺さりは良くなかったのかもしれない。

 

ディアルガ @突撃チョッキ 控え目 プレッシャー

197(172)-×-140-220(236)-120-123(100)

流星群 ラスカ 雷 大地

調整意図

H...出来るだけ高く

C...ほぼ特化

S...ミラーやチョッキカイオーガ意識

カイオーガに対して投げる枠。カイオーガだけでなくシンプルにダイマ時の撃ち合い性能が高いので、ダイスチルやダイアースで要塞化したりと選出して腐ることがないのが強力。また鋼タイプが優秀で、相手がダイジェットをするとディアルガを倒せずにそのまま突破する出来て、ダイジェットをせずにディアルガを倒してくると裏のザシアンやカイオーガで縛ることが出来たりとザシアンと弱点は被るものの意外と気付きにくいシナジーがある。現環境ではとても強い伝説枠だと感じた。

 

イベルタル @命の珠 控え目 ダークオーラ

201-×-116(4)-201(252)-118-151(252)

悪波 デスウイング 熱風 追い風

調整意図

CSぶっぱ

黒バド牽制枠。ザシアン+カイオーガがいるだけで投げるのを躊躇してしまっていたので、片手で数えられる程度しか投げてないが、投げてれば勝ててたなと感じた試合が数回あったので、もう少し信用して投げるべきだったと思う。技は非ダイマで技を1度も撃たなかったので、デスウイングよりもダイジェットの火力が上がる暴風の方が良かったり、追い風は身代わりなどでも良かったかもしれない。個人的に評価はずっと高くないが、構築の穴埋めとしては適任であった。

 

マーシャドー @気合いの襷 意地っ張り テクニシャン

165-194(252)‐101(4)‐×‐110‐177(252)

シャドスチ インファ 岩封 影うち

調整意図

ASぶっぱ

襷枠。起点グラードンカバルドンのような明確にステロを撒いてきそうなポケモンがいない並びに対してとても強く動かせたり、シャドースチールや岩封で加速させずに裏で縛る動きが強力。一定数居たランドバドザシ展開にもランドロスがステロを撒いてくるタイミングで着地させるとそのままeasy winを取ることが出来る。技に関しては、この4つで完結していると思う。

 

【選出】

vsスタンパ() 有利

初手

初手潮吹きが通るならカイオーガで場を荒らして裏を通す、初手のオーガミラーはディアルガに引いて裏に負荷をかける。

 

vs 微有利

@1(or)

カバルドンに怠けるがあるので、基本的にネクロズマには無限に後投げ出来るため、ステロ+天候+ザシアンで崩しに行く。ダイナネクロイベル以外にもホウオウナットなどのサイクルベースの構築に対してもこの選出で勝つことが出来ると思う。

 

対面選出

@1

ダイマ+ザシアン+マーシャドーで対面的に殴り合って勝てそうな構築に対して投げていく。選出画面で一つの立ち回りとして頭の片隅に置いていた。

 

【重いポケモン

HDザシアン

基本的に初手カイオーガから入らざるを得ない並びが多いので、初手にカイオーガを投げることが多いが、HDザシアンが来ると不利展開になりやすい。異常なほど当たったので、じゃれを耐えた後に石化に合わせてこちらのザシアンを投げて上から石化や巨獣斬を撃って処理していた。

 

単体以外にもきつい並びはまあまあ存在した。

 

【あとがたり】

序盤から取り組んでいましたが、慣れない環境で強い構築を組むのが難しく、噛み合いで勝敗が決まることが多かったのが反省点だと思いました。S34はとにかく慣れることを意識して、結果は二の次だと考えていたので、自分の中では微妙な順位で終わってしまいましたが、S35では、完成度の高い構築作りと最終1ページ目を目指して頑張りたいと思います。

 

SpecialThanks

マーシャドーを貸してくれたロス

 

ここまで見ていただきありがとうございました!質問等ございましたら気軽に@Lazy_pk_までどうぞ

twitter.com

 

【証拠画像】

f:id:Lazy2525:20221001132508j:image

【剣盾S33 最終17位】バドザシFine

どうも、Lazyです。伝説2匹ルールお疲れ様でした。来シーズンからルールは変わりますが、記録として書こうと思います。

スマホで閲覧される方はズームしてもらえると見やすいと思います

 

【並び】

 

【使用TN】

TN Silky heart 最高最終2052-17位 W/L 98-44

f:id:Lazy2525:20220901131803j:image

TN Ethics 最高205× 最終3桁

 

【コンセプト】

カバルドンは一番上

・クッション+アタッカーで柔軟な立ち回りをする

・環境に存在する並び全てに対して戦えるようにする

 

【構築経緯】

どの伝説の組み合わせが環境に合っているかが分からなかったので、一番練度が高い並びを使おうと考えザシアン+黒バドレックスから組み始めた。

終盤になるにつれてカイオーガ入りの並びが増加しており、水無効枠を入れないと勝ち切れないと思ったので、水無効の中でもステルスロックが優秀なゴツメガマゲロゲを採用。

バドザシの並びで黒バドレックスの一貫を切れていない構築は論外なので、黒バド受けの中でも一つ抜けて強く、ビルドアップ+残飯で自身がエースになる動きが出来て強力な残飯ガオガエンを採用。

ここまでで切れていない地面の一貫を切ることが出来て、重めなイベルタル入りや低速気味なサイクルにボルトチェンジでサイクルに負荷を掛けながら動ける珠サンダーを採用。

最後に初手ダイマ珠アタッカーやジガルデ絡み、その他遂行速度の遅い構築に対してテンポを握れるオボンカバルドンを採用。

 

【個体解説】

カバルドン @オボン 腕白 砂起こし

215(252)-132-172(148)-×-106(108)-57 ※S個体値10

地震 ステロ 欠伸 吹き飛ばし

調整意図

HB...オボン込みでA242ザシアンの+1巨獣斬を78.6%で2耐え

HD...出来るだけ高く

S...最遅60族抜かれ

初手ダイマ勢やホウオウ絡み、ジガルデ絡みなど様々な並びに選出することが出来る。持ち物はオボンのみじゃないと初手ザシアンに対してステロから入って巨獣斬を2発耐えながら欠伸ループに入れることが出来ないので本構築ではオボンのみ一択。構築のクッションとして活躍してくれた。

 

ザシアン @朽ちた剣 意地っ張り 不撓の剣

191(188)-242(236)-135-×-135-179(84)

巨獣斬 じゃれつく ワイボ 石化 

調整意図

H...8n−1

A...ほぼ特化

S...+1実数値118ホウオウ抜き

伝説枠。相手のダイマとの撃ち合い性能を上げるためHAベースで採用。技は必須の巨獣石化に加えてサンダーにストレスフリーに殴れるじゃれつくとホウオウ入りに対して安定して勝てるようにワイルドボルトを選択。伝説2匹ルールでも最も強い伝説枠だった。

 

黒バドレックス @気合いの襷 臆病 人馬一体

175-×‐100‐217(252)‐121(4)‐222(252)

アストラルビット サイコショック 悪巧み 挑発

調整意図

CSぶっぱ

伝説枠。スカーフとは違い初手ダイマに対する撃ち合い性能は無いものの、悪巧みで強引に崩すことが出来たり、バドザシラキヌオーランドサンダーに対してカバルドンガオガエンと合わせて勝率100%を維持できた。挑発はラッキーの卵産みを阻止したり、ポリゴン2のトリル、スピスワ、電磁波を咎めることが出来たりとかなり勝利に貢献してくれた。カバルドンの砂と襷は相性が悪いものの、しっかり気を付けて砂ターンの管理や出すタイミングを意識すれば気にならなかった。

 

サンダー @命の珠 臆病 プレッシャー

165-×-105-177(252)-111(4)-167(252)

10万 暴風 ボルチェン 羽休め

調整意図

CSぶっぱ

イベル入りやホウオウ入りの受けなどにカバルドン、ザシアンと一緒に投げたり、その他刺さってる有象無象の並びに出していく。100族以下を確実に抜いておかないと試合プランが崩壊してしまうので、最速で採用。ボルチェン+クッションが単純に強力で、ゼルネアス入りやホウオウ入りによく刺さった。何故か熱風がない前提で立ち回ってくる人がいたので、10万を熱風にしてもよかったのかもしれない。

 

ガオガエン @食べ残し 慎重 威嚇

202(252)-136(4)-128(140)‐×136(108)‐81(4)

フレドラ Dラリ 捨て台詞 ビルド

調整意図

HB...特化ザシアンの±0インファを最高乱数切り耐え

HD...黒バド意識で出来るだけ高く

黒バドの引き先になりつつ、ビルドアップを採用することで火力の無いホウオウや日食ネクロズマポリゴン2を起点に裏まで貫くことが出来る。環境的にシャドボラッキーが多く、シャドボならガエンが、甘えるなら黒バドが通る試合が多く動かしやすかった。ガオガエン単体で見ると間違えなく一番強い型だと思っている。

 

ガマゲロゲ @ゴツメ 生意気 貯水

212(252)‐115‐113(140)‐105‐121(116)‐84

地震 凍える風 ステロ 堪える

調整意図

HB...特化珠エスバの一致ギガインパクトを確定耐え

HD...カイオーガ意識で出来るだけ高く

最終日付近にカイオーガが増加したので、勝ち切るには水無効枠が必要だと考え採用した。カイオーガに対する性能はもちろん、ゴツメを持たせることでザシアンとの撃ち合い性能が上がったり、ザシアンをコピーしたメタモンに対して死に出しから処理できたりと使い勝手がかなり良かった。

 

【構築の要点】

◆クッション+一貫性の高いアタッカーでのゲームメイク

環境に多いザシアン、黒バドレックス、カイオーガに対するクッションを用意しながらステルスロックや対面操作を絡めて裏のザシアンや黒バドレックス、サンダーのような強力なアタッカーの一貫を作る動きが強力だった。

 

【選出】

ルールが変わるので割愛

 

【重いポケモン

特になし

 

【あとがたり】

最終日は開始レートが低かったものの、構築の強さとバドザシの練度でバドザシミラーには一回しか負けなかったりと特定の並びに安定した勝率を出せたので順調にレートは伸ばせたのは良かったと思います。ただ、1桁チャレで運負けをしてしまい気持ちを切り替えることが出来なかったのが良くなかったと感じました。構築の完成度も最終日に急遽作成したのに非常に高かったので、最後に運がついてこなかったのが悔やまれますが、満足のいく形に仕上げることが出来ました。今回も最終1桁に届かなかったので、次潜るときは今回の反省を活かして取り組みたいと思います。

 

SpecialThanks

・通話してくれたどっぺるとg君。

 

ここまで見ていただきありがとうございました!質問等ございましたら気軽に@Lazy_pk_までどうぞ

twitter.com

 

【証拠画像】

画像

 

 

【剣盾S32 最終15位】劣等バドザシアン

どうも、Lazyです。今回はS32で使用した並びを紹介します。

スマホで閲覧される方はズームしてもらえると見やすいと思います

 

【並び】

 

【使用TN】

TN Silky heart 最高最終2042-15位 W/L 105-45

f:id:Lazy2525:20220801115701j:image

TN Mofa 最高2026 最終3桁

 

【コンセプト】

・対面、サイクルの両立

・定数ダメージや対面操作から黒バドレックスの一貫を作る

 

【構築経緯】

環境に多い並びが存在せず、雑多環境だったため、幅広く戦えるであろうザシアン+スカーフ黒バドレックスから組み始めた。

バドザシの並びは水無効枠を入れることでザシオーガにはほとんど勝つことが出来るので、水無効枠の中でもステロ+ゴツメで裏を通すことが出来たり、オーガ入り以外にもステロ撒きとして投げれるゴツメガマゲロゲを採用。

地面の一貫切りや重めなナットレイに強く、珠ボルチェンでサイクルを有利に進められたり、有象無象の並びにダイマを切って戦える珠サンダーを採用。

対バドザシミラーやメタモンに対する引き先として強力であり、威嚇+対面操作で幅広い立ち回りが出来る残飯ガオガエンを採用。

最後に、ラッキー絡みに投げていけたり、バドザシが崩せないバンギヌオーなどにも強めな襷枠として襷悪ウーラオスを採用。

 

【個体解説】

ザシアン @朽ちた剣 意地っ張り 不撓の剣

191(188)-242(236)-135-×-135-179(84)

巨獣斬 じゃれつく ワイボ 石化 

調整意図

H...8n−1

A...ほぼ特化

S...+1実数値118ホウオウ抜き

伝説枠。場を荒らしたり、ダイマとの撃ち合いを考えてHAベース。絶対必須の巨獣石化@2は構築に水打点がないため、ホウオウが重くならないようにワイボと他のバドザシの並びを使用しているときにサンダーを後投げされることが多かったのでじゃれつくを採用した。通りのいい並びが少なく、少し動かしずらさを感じたが、それでも強かったと思う。

 

黒バドレックス @拘りスカーフ 控え目 人馬一体

191(124)-×-122(172)-222(132)-121(4)-180(76)

アストラルビット サイコショック ドレキス トリック

調整意図

HB...242ザシアンの+1巨獣斬を75.0%で耐える

C...ステロ+ザシアンの+1石化+アスビでザシアンをコピーしたメタモンを大体落とせる(150〜)

S...メタモン意識で自分のザシアン抜き

伝説枠。選出画面で通せるかをまず考えて、通せそうな場合はどのように動かすかを考えた。前期同様このポケモンの強さは感じたが、あまりにも悪巧みを無視してラッキーを投げられることが多く、ラッキー入りに動かしずらかった。性能自体は強かったが、スカーフバド自体が環境的にあまり通りが良くなかったと思う。

 

サンダー @命の珠 控え目 静電気

165-×-106(4)-194(252)-110-152(252)

ボルチェン 暴風 熱風 羽休め 

調整意図

CSぶっぱ

珠ボルチェンにすることでホウオウ絡みやゼルネ入りに対してザシアンと合わせて強く動ける。性格は控え目にしたが、最速ランドや最速イベルに抜かれてるせいで負けた試合が何度かあったので、臆病の方がいいと思う。特性は素早さ判定をしたいと思う場面もなく、逆にランド対面で素早さ関係がバレないように静電気にした。初手からダイマで荒らしたり、低速サイクルをボルチェンで削った後に裏や自身の一貫を作る動きが強かった。

 

悪ウーラオス @気合いの襷 意地っ張り 不可視の拳 ※キョダイマックス個体

175-200(252)-120(4)-×-80-149(252)

暗黒強打 インファ 不意打ち 挑発

調整意図

ASぶっぱ

ルギアラッキーやバンギヌオーのような並びをサンダーと合わせて崩す枠。この並びで悪ラオスをケアされることが少なく、思ったより通りが良かった。出した試合は大体活躍してくれたが、この枠を他のポケモンに変えて、バドを襷にした方が良かった気もする。

 

ガオガエン @残飯 腕白 威嚇

202(252)‐136(4)‐132(76)‐×‐132(172)‐81(4)

フレドラ Dラリ 捨て台詞 ビルド

調整意図

HB...特化ザシアンの±0インファを確定耐え

HD...バド意識で出来るだけ高く

ミラーやザシホウオウ、ネクロ絡みに投げていける万能ポケモン。本来の威嚇+対面操作に加えて、ビルドアップを採用することでホウオウやネクロなどを起点に裏まで詰ませることが出来るのが強力。チョッキを持たないと対黒バド性能が少し落ちてしまうが、逆にチョッキで出来ない動きが色々出来て使用感はかなり良かった。

 

ガマゲロゲ @ゴツメ 生意気 貯水

212(252)‐115‐113(140)‐105‐121(116)‐84

地震 凍える風 ステロ 堪える

調整意図

HB...特化珠エスバの一致ギガインパクトを確定耐え

HD...カイオーガ意識で出来るだけ高く

水無効枠+ステロ撒き。このポケモンを採用したことで、ザシオーガには1回しか負けることがなかった。堪えるはザシアンに対してゴツメの削りを入れて裏の圏内に押し込んだり、ダイマターンを枯らすのに重宝した。ザシオーガ以外にもステロ撒きとして投げていけたりとかなり使い勝手のいいポケモンだと感じた。

 

【構築の要点】

◆定数ダメージや能力ダウンを活かして裏を通す

ガマゲロゲのステロやゴツメ、ガオガエンの威嚇や捨て台詞で削りを入れたり有利対面を作って裏の一貫を作ってゲームメイクを目指す。当然、バドレックスの一貫を切っていない並びに対して負けることはなく、一貫を切っていても前述した定数ダメージや対面操作、またバドレックスのトリックを活かして戦える。

 

【選出】

特にこれと言って決めずに感覚で投げていたので割愛

 

【重いポケモン

不意打ち持ちイベルタル

無理やりバドのダイフェアリーで削ってダイマを枯らした後に上からアスビで縛りたい時がまあまああったので、不意打ちを持っていると縛られて負けてしまうのできつかった。

 

【あとがたり】

今期は調子が良く、最終日前日に2000、最終日は2ロム1桁からスタートしましたが、一応最高最終順位は更新出来たものの、嬉しい気持ちは全く無く、最終1桁に届かなくて悔しいです。ただ、シーズンを通して常に1桁付近で戦い続けて、最終日もほとんど1桁~10位台で戦えたので少し成長を感じました。また、構築の完成度がかなり低かったので、そろそろ満足のいく構築を組みたいです。8世代が終わるまでに最終1桁を取れるようにこれからも頑張っていきたいと思います。

 

SpecialThanks

・通話してくれたどっぺるとg君。

ここまで見ていただきありがとうございました!質問等ございましたら気軽に@Lazy_pk_までどうぞ

twitter.com

 

【証拠画像】

f:id:Lazy2525:20220801142950j:image

 

 

 

 

【剣盾S31 最終17位&最終62位】バドザシDesert

どうも、Lazyです。S31で使用した構築を紹介します。

スマホで閲覧される方はズームしてもらえると見やすいと思います

 

【並び】

 

【使用TN】

TN Silky heart 最高2034 最終2001-62 W/L 113-55

f:id:Lazy2525:20220701124759j:image

TN Alto Mare 最終2043-17位 W/L 98-43

f:id:Lazy2525:20220701124806j:image

 

【コンセプト】

カバルドンは1番上

・ステロ+高速アタッカーでのゲームメイク

 

【構築経緯】

サイクルを回せるステロ撒き+ザシアン+黒バドレックスの並びがステロを複数回踏ませながら一貫を作ることが出来たり、1番数が多い黒バドレックス対策であるガオガエンの体力を枯渇させることが出来ると考えてザシアン+スカーフ黒バドレックスから組み始めた。

ステロを撒けてサイクルを回せるポケモンを考えた時に、欠伸や砂、吹き飛ばしが強力でザシアンに対するクッションやバドザシの並びで重くなってしまうエースバーンにも強いオボンカバルドンが適任だと考え採用。

ラキヌオーやポリヌオーのような並びを崩せたり、ダイナイベルメタモンのような並びに対してカバルドンとザシアンと合わせて選出択にならずにこちら側が一方的に有利展開を作れたり、崩しとして非常に強力だと感じた砂かき鉢巻ウオノラゴンを採用。

対バドザシガエンにおいて、ステロ+黒バドレックス+相手の黒バドレックス受けの選出で有利に立ち回れると考えたので、黒バドレックス受けでザシアンに弱くなく対面操作が出来て、黒バドレックスがメタモンにコピーされた際の引き先になれるチョッキガオガエンを採用。

最後に、ここまでで切れていない地面の一貫を切れてランドロスカイオーガイベルタルと殴り合えるポケモンが欲しいと考え、最も適任である珠サンダーを採用。

 

【個体解説】

カバルドン @オボン 腕白 砂起こし

215(252)-132-172(148)-×-106(108)-57 ※S個体値10

地震 ステロ 欠伸 吹き飛ばし

調整意図

HB...オボン込みでA242ザシアンの+1巨獣斬を78.6%で2耐え

HD...出来るだけ高く

S...最遅60族抜かれ

MVP。初手からステロ欠伸で場を荒らして裏を通すルートを考えたり、 構築のクッションとして非常に重宝した。砂ターンの管理やステロを押すべきか欠伸を押すべきかなどをしっかり見極めればとても強かった。最終日に突如増えたジガルデ入りにも強く、環境的にカバの数が少なく処理ルートが少ない並びが多かったので非常に多くの勝利に貢献してくれた。

 

ザシアン @朽ちた剣 意地っ張り 不撓の剣

191(188)-242(236)-135-×-135-179(84)

巨獣斬 インファ 石化 剣舞

調整意図

H...8n−1

A...ほぼ特化

S...+1実数値118ホウオウ抜き

伝説枠。素早さを上げるより巨獣石化のリーチを伸ばしたかったのでHAベースで採用。技に関しては、確定枠の巨獣石化と鋼への打点となるインファ、隙を見て舞えば不利な状況から巻き返すことが出来たり、HBホウオウに対しても焼けなければ巨獣で確定2発を取ることが出来る剣舞を採用した。特に欲しい技もなく最も勝率が上がる技構成であったと思う。本構築はザシアンをコピーしたメタモンに対する引き先を用意していないが、選出順番や立ち回りをしっかり徹底することでメタモンにザシアンをコピーされて負ける展開は無かった。選出順と動かし方をしっかり意識すれば最強のポケモン

 

黒バドレックス @拘りスカーフ 控え目 人馬一体

191(124)-×-122(172)-222(132)-121(4)-180(76)

アストラルビット サイコショック ドレキス トリック

調整意図

HB...242ザシアンの+1巨獣斬を75.0%で耐える

C...ステロ+ザシアンの+1石化+アスビでザシアンをコピーしたメタモンを大体落とせる(150〜)

S...メタモン意識で自分のザシアン抜き

伝説枠。対ダイジェット持ちへの切り返し性能やステロを撒いた時の爆発力が強力。現環境のバド受けはガエンが多いので、カバのステロと合わせて動かすことで一貫を作る動きが出来る。ザシアンとの攻めの補完がとてもいいのも魅力的。技はこの構成が一番強いと思うが、調整に関しては諸説で最終日は+1特化巨獣斬を一回も耐えなかったので、Cを下げて甘えず耐久を上げた方がいいかもしれない。

 

サンダー @命の珠 臆病 プレッシャー 

165-×-106(4)-177(252)-110-167(252)

10万ボルト 暴風 羽休め 身代わり

調整意図

CSぶっぱ

対オーガ入りや対イベル入りによく選出する。オーガの持ち物を確認しながら動くためにプレッシャー一択。技に関しては、羽休めをほとんど撃たなかったので撃ちたい場面がたまにあったボルチェンに変更した方が良いかもしれない。刺さってる並びに雑に投げるが、それほど選出率は高くない。

 

ウオノラゴン @拘り鉢巻 陽気 砂かき

165-142(252)‐121(4)‐×‐100‐139(252)

エラがみ 逆鱗 ロクブラ 眠る

調整意図

ASぶっぱ

崩し+アグロ選出の核となるポケモン。ダイナイベルメタモンのようなザシアンを受かってないがメタモンで切り返してくる並びに対して砂ターンをしっかり管理すれば安定して勝つことが出来る。選出画面での圧力もあり、相手の選出を歪ませることが出来た。陽気にしないとザシアンをコピーしたスカーフメタモンを抜けないので陽気にしたが、火力不足感は全く感じなかった。

 

ガオガエン @突撃チョッキ 意地っ張り 威嚇

201(244)-167(132)-111(4)-×-123(100)-84(28)

フレドラ Dラリ インファ 蜻蛉

調整意図

HD...出来るだけ高く

A...197ザシアンをダイバーンで確定1発

S...ミラー、60族付近意識

バドザシガエンミラーにおいてカバルドン+ザシアンor黒バドレックス+黒バド受けで高い勝率を保てると考えたので採用した。威嚇やクッションとしての動きもダイマして殴る動きもできて黒バド受けの中では一つ頭を抜けて使いやすかった。選出率は高くないが、バドザシミラーにおいては無くてはならない存在だった。

 

【構築の要点】

カバルドンを利用した試合展開

ステロや欠伸で盤面整理をしつつ、一貫を作りやすいザシアン、バドレックス、サンダー、ウオノラゴンのような強力なアタッカーを通す動きやカバルドンを初手においてアグロな動きをするのが強力。また、環境的にカバルドンの数が少なく通りのいい並びが多かったのも追い風だった。

 

【選出】※目安程度

vs 有利

ガエン入り...初手

ガエンを出して負けそうな並び...初手

ガエン入りはステロを撒きながら欠伸やガエンの対面操作で場に黒バドを何回も出してガエンのhpを削り切ることを意識する。

ガエンを出さない方が良さげな並びは初手カバでステロを撒いて展開した後にザシバドで殴り勝つ。

 

vs 微有利

初手 

初手オーガがほとんどなので、サンダーで型判別しながら立ち回る。ザシオーガ自体が少なかったので対策を薄めにしたが、何故か一回しか負けなかった。HDポリ2が入ってるザシオーガが少しきついが、ザシアンで上手く崩せば勝てる。

 

vs 有利

基本 

ラキヌオーが入ってる並び...

サンザシで荒らせそうな並び...@1

バドとイベルの相性だけで見たらザシイベル側が有利に見えるが、カバザシサンダーノラゴンがいるお陰で結構有利に立ち回れる。バドを投げても普通に勝てることが多い。

 

vs 有利

初手

初手メタモンをしっかりケアしてカバから入る。砂ターンの管理をしっかりすれば勝てる。

 

vs入り 有利

カバで盤面を整えてバドザシを通す。ゴチルゼルなどが居てもカバを出すようにしていた。

 

その他伝説の組み合わせは柔軟に対応

 

【重いポケモン

単体では特にいないが、伝説の組み合わせできつかったり無理なのがたまにいた。

 

【あとがたり】

最高最終順位は更新出来たものの、1桁の壁が非常に高く感じました。ただ、立ち回りの甘さやプレミが集中力切れた最後の数戦を除けば最終日を通して無く、5時〜7時の間は10位台で安定して戦えたので1つ成長出来たのかなと思います。丁度一年ぶりに最高最終順位を更新出来て高い位置で戦えたりと楽しい最終日でした。

 

ここまで見ていただきありがとうございました!質問等ございましたら気軽に@Lazy_pk_までどうぞ

twitter.com

 

【証拠画像】

f:id:Lazy2525:20220701124357j:image

f:id:Lazy2525:20220701124404j:image

【剣盾S30 最終90位】ムキムキザシイベル

どうも、Lazyです。S30にて使用した構築を紹介します。

スマホの方で閲覧される方はズームしてもらえると見やすいと思います

 

【並び】

 

【使用TN】

TN Jump so high 最終2005-90位 W/L 84-40

f:id:Lazy2525:20220601115224j:image

 

【コンセプト】

・対面選出とサイクル選出の両立

・環境に多い並びに高い勝率を保つ

 

【構築経緯】

当初はザシアン+カイオーガの並びを使用していたが、環境的に逆風だと感じレートが伸びなかったので多いと感じたサイクル構築やバドレックス入りに対して強いザシアン+イベルタルから組み始めた。

対ザシオーガにおいて水無効かつザシアンにも不利を取らず、ステロ+毒でサイクルの補助が出来たり、ザシアンがメタモンにコピーされた際に見えない引き先となれる貯水イバンガマゲロゲを採用。

ゲロゲだけでは、珠サンダーが入っているザシオーガに勝つことが出来ないのでサンダー入りのザシオーガに初手ザシアン裏ゲロゲヒトムで初手サンダーのダイマを後投げから枯らしながらこちらのザシアンを通すことが出来るカゴヒトムを採用。

ザシオーガ以外のザシアン+サンダー入りの珠サンダーとザシアン両方を対面処理が出来る襷枠が欲しかったので、最初はマンムーを採用していたがザシアンを一撃で落とせない点が致命的だったので唯一襷地面でH振りザシアンを一撃で落とせたり、サンダーに対してもじたばた石化で対面処理が出来る襷ホルードを採用。

最後に、ランドロス、ザシアンを上から一撃で落とすことが出来る+ホウオウダイナ系統に対して強いポケモンを探した結果、ガラルヒヒダルマしかいないと思ったのでスカーフガラルヒヒダルマを採用。

 

【個体解説】

ザシアン @朽ちた剣 陽気 不撓の剣

191(188)-191(4)-143(60)-×-136(4)-220(252)

巨獣斬 ワイボ 氷の牙 剣舞

調整意図

HB...特化ザシアンの巨獣+石化をほぼ耐える

S...最速

伝説枠。ザシイベルは相手のザシアンが重いため、ミラーで強く動ける剣舞HSベースで採用。技構成は重めなASランドを一撃で出落ちさせたり、サンダーに対する打点になる氷の牙とワイボザシアンを完全に切って立ち回ってくるホウオウ入りに対してにストレスフリーに勝つことが出来るワイルドボルトを採用。また、じゃれやインファを入れないことでメタモンにコピーされた際に襷メタモンでもゲロゲが安定して処理することが出来る。場を荒らすというよりかは、ザシアンで詰め切る試合が多かったので火力の無さなどは特に気にならなかった。

 

イベルタル @命の珠 控え目 ダークオーラ

201-×-116(4)-201(252)-118-151(252)

悪波 デスウイング 熱風 挑発

調整意図

CSぶっぱ

伝説枠。元々イベルタルの評価は個人的にかなり低かったが、環境的に黒バド入りが多かったりイベルの通りが良いサイクルが多かったのでS30においてはかなり強力だったと思う。ダイマを切るタイミングをしっかり見極めれば非常に強力だった。挑発の枠は身代わりや不意打ちでも良かったと思うので諸説。

 

ガマゲロゲ @イバン 呑気 貯水

212(252)-116(4)‐117(92)-106(4)-115(156)‐84

地震 凍える風 ステロ 毒

調整意図

HB...特化ザシアンの+1じゃれつく、197珠ランドロスのタイプ一致130ダイマ技でイバン圏内、191ザシアンの+2巨獣斬を94.2%で2耐え(メタモン意識)

HD...オーガ意識で出来るだけ高く

S操作+イバンでジェット持ちに対して素早さを上げさせずに裏と対峙出来たり、メタモンに対する見えない回答になるので相手の考慮外からの勝ち筋を作ることが出来た。メタモンに対しては選出順番を意識することでザシアンをコピーされる展開があまりなかったが、思いがけない盤面で何回も発動して勝率を伸ばすことが出来た。ザシオーガ以外にも最低限の耐久に合わせてステロ+毒が強力なのでサイクルの補助としても強力だった。

 

ロトム(火) @カゴ 穏やか 浮遊

157(252)-×‐133(44)‐126(4)‐150(76)‐123(132)

オバヒ 放電 巧み 眠る

調整意図

HB...ザシアン意識で出来るだけ高く

HD...特化珠サンダーのタイプ一致140ダイマ技を確定2耐え

S...無振り100族付近意識

ザシアンでサンダーに対してダイマを強制させて、眠るでダイマターンを枯らしながら突破するのが主な役割。元々はタラプサンダーで同じようなことをしていたが、タラプサンダーよりザシアンに厚く、構築単位で重いマンムーに対しても強いのでヒトムに変更した。何回かジェット+アタックで落ちてしまったが、それは事故だと割り切って考えた。選出率はあまり高くはないが、大事な試合で活躍してくれたので採用して正解だった。

 

ホルード @気合いの襷 意地っ張り 力持ち

160-118(252)‐97‐×‐98(4)‐130(252)

地震 じたばた 冷凍パンチ 石化

調整意図

ASぶっぱ

DL調整

ザシアン+サンダーに対して一貫する襷枠。他の襷地面とは違いザシアンを一撃で落とせる点や霊の一貫を切れるのが強力。サンダー側はじたばたをケアしてほとんどが熱風などから入ってきたが、裏のイベルの不意打ちを考えてじたばたで削った後に一回もダイマをされなかったので、じたばた+石化+ザシアンの巨獣斬で処理することが出来た。かなり勝利に貢献してくれたので、マンムーから変更して正解だったと思う。

 

ヒヒダルマ(ガラル) @スカーフ 陽気 五里霧

180-192(252)-75-×‐76(4)‐161(252)

氷柱落とし フレドラ エッジ 蜻蛉

調整意図

ASぶっぱ

DL調整

最後に欲しい条件を全て満たしていたので採用した。ホウオウ入りに対して前述したザシアンと合わせて強く出ることが出来たり、受けサイクルなどにも強く動くことが出来た。選出率は高くないものの、出したときは活躍してくれたので採用して正解だった。

 

【選出】※目安程度

vs 微有利

初手

 

初手ザシアンの場合は殴り合う、オーガはゲロゲ引き、サンダーはヒトム引きをする。構築段階である程度決めていた動きが出来ればほぼ勝つことが出来る。サンダーが入っていない並びにはヒトムの枠を他のポケモンに変えて選出することが多かった。

 

vs 微有利

基本

 

大体イベルバド対面を作って引き先に合わせてホルードなどを釣り出しすることが多かった。イベルは黒バドには滅法有利だが、ザシアンがイベルタルの動きを制限してくるので普通に負けることもある。

 

vs 有利

初手

 

大体選出が初手ホウオウ+イベル受け(バンギ)+@1でホルードやダルマを考えるとポリがほとんどだったので、初手ダルマ裏ザシアンイベルでザシアンの有利対面を作り剣舞ワイボを通せば負けない。

 

vs 五分

基本@1

 

あまりザシイベルミラーが起こらなかったが、ミラーは基本イベルのダイマを先に切ると負けるので出来る限り後からダイマを切る事を意識する。

 

その他伝説の組み合わせは柔軟に対応

 

【重いポケモン

HDザシアン

イベルの珠ダイバーンを耐えられてしまうので、展開次第ではどうしてもキツくなる。イベルを展開しなきゃいけない並びのHDザシアンは正直仕方ないと思って割り切っていた。

 

【あとがたり】

最終日前日に作った構築を試運転も一切せずに使用したので、不安要素が多かったのですが、2ロム合わせて一回しか負けず両方20チャレまで行って、そこから片方乗ってから集中力が落ちてしまいもっと上を目指すことが出来なかったのがとても悔しいのでまた次やるときは余裕を持って挑みたいと思います。

 

SpecialThanks

・ザシアンの調整を教えてくれたり、最終日前日に話してくれたどっぺる

・色イベルタルを借りパクさせてくれるロス

 

ここまで見ていただきありがとうございました!質問等ございましたら気軽に@Lazy_pk_までどうぞ

twitter.com

 

【証拠画像】

 

 

【剣盾S29 最終27位&最終98位】五月雨カバザシオーガ

どうも、Lazyと申します。S29で使用した構築を紹介します。

スマホで閲覧される方はズームしてもらえると見やすいと思います

 

【並び】

 

【使用TN】

TN Silky heart 最終2025-27 W/L 132-75

f:id:Lazy2525:20220501122430j:image

TN Retribución 最高推定2017 最終1981‐98 W/L 86-45

f:id:Lazy2525:20220501122506j:image

 

【コンセプト】

カバルドンは一番上

・多いと思った並びに8割、その他に5分程度には戦えるように組む

・伝説枠を高水準にして構築全体のパワーを上げる

 

【構築経緯】

現行ルールでは、数多くの伝説の組み合わせが存在するため多くの並びに5分以上に戦えて高水準と感じたザシアン+カイオーガから組み始めた。

シーズン終盤に流行していたコスパダイナ+イベルタル+メタモンのような並びに対して、ザシアンを剣舞型、カイオーガをHBゴツメにすることでカバザシオーガで安定して勝てることに気づいたのでザシアン、ホウオウ、ジガルデ、ルギア等にもクッションとして扱えるオボンカバルドンを採用。

ザシオーガの並びを使う上で、ミラーをどうするか考えた時にオーガをチョッキオーガの対面処理に任せてるプレイヤーが多く感じたので初手のオーガミラーの引き先+裏に大きく負荷を掛けられる貯水鉢巻ガマゲロゲを採用。

ザシオーガは、対ザシアン+黒バドレックスや日食ネクロズマ入りに対して少し不利なので最低限それらの並びに強く、他の並びにも汎用性が高く出していける珠枠としてエースバーンを採用。

最後に、選出画面で相手に強い圧力を掛けることが出来たりジガルデ入りや刺さってる並びに対して投げていけるストッパー兼対面駒として襷マンムーを採用。

 

【個体解説】

カバルドン @オボン 腕白 砂起こし

215(252)-132-172(148)-×-106(108)-57 ※S個体値10

地震 ステロ 欠伸 吹き飛ばし

調整意図

HB...オボン込みでA242ザシアンの+1巨獣斬を78.6%で2耐え

HD...出来るだけ高く

S...最遅60族抜かれ

ザシオーガと最も相性がいいクッション枠。ザシオーガの弊害になってくるヌケニンの牽制やジガルデやルギアなどの一定数いる詰ませ系ポケモンを流せたりと非常に強力。S29で流行していたコスパダイナを流したり、その他有象無象の並びに対してクッションとして非常に活躍してくれました。調整は色々試しましたが、Dを高くすると特化巨獣2発でオボンを食べても倒れたり、Bを上げすぎると火力のないザシアンの巨獣でオボンを食べずに次の巨獣が高乱数で落ちてしまったりと色々試した結果、この調整が最も使いやすかったです。

 

ザシアン @朽ちた剣 陽気 不撓の剣

195(220)-209(148)-135-×‐135‐204(140)

巨獣斬 インファ 氷の牙 剣舞

調整意図

H...珠イベルの130ジェット+130アーク、特化ザシアンの巨獣+石化意識

A...出来るだけ高く

S...ダイナ、ミラー意識 最速130族抜き辺りを大体抜ける程度まで

本構築の伝説枠その1。現環境では剣舞型より石化の方が多いイメージですが、後述するゴツメオーガとの兼ね合いもあり本構築では石化が欲しい場面がほぼ無く、カバオーガと合わせてコスパダイナ系統にはプレイングを徹底すれば基本ラスイチダイナザシアンの積み合いになるので流行していたコスパダイナ絡みに勝つことが出来る剣舞型を採用した。技に関しては、ナットやディアなどに対する打点のインファ、初手の珠ランドを出落ちさせたりサンダーに撃つ氷の牙を採用しました。ワイボや石化などが欲しいと思う場面が一度もなかったので正解だったと思います。

 

カイオーガ @ゴツメ 図太い 雨降らし

207(252)‐×156(252)‐171(4)‐160‐110 

潮吹き 熱湯 雷 絶対零度

調整意図

HB...ザシアン、ザシアンをコピーしたメタモン意識で特化

C...H191ザシアンをゴツメ+雨ストリーム(潮吹き)で確定一発

本構築の伝説枠その2にしてMVP。初手ザシアンメタモン対面だけ気を付ければ対メタモン入りにこちらからしか見えない勝ち筋になれたり、ザシアンをコピーしたメタモン+ザシアンに対してダイマがあれば一匹で勝つことが出来たりと非常に多くの勝利に貢献してくれました。特攻にはほとんど振っていませんが、本来の数値の高さや雨の影響で一度も火力がないと感じなかったのです。HBゴツメカイオーガを使ってる人はあまり見かけませんでしたが、チョッキスカーフなどと並ぶぐらいには最強だと思ってるのでもっと評価されるべき型だなと感じました。

 

ガマゲロゲ @鉢巻 意地 貯水

197(132)-159(236)‐111(124)‐×‐96(4)‐96(12)

アクブレ 地震 ウィップ 毒

調整意図

HB...A242ザシアンの+1じゃれつくを確定耐え

HD...特化珠ダイナのダイマ砲を確定耐え

A...出来るだけ高く

対ザシオーガミラーやラキヌオーなどに対して投げていく崩し枠。ザシオーガミラーにおいてヌケニン入り以外は初手オーガ裏ゲロゲザシアンで8割ほど勝つことが出来ました。ミラー以外にもラキヌオー入りに対して雨+鉢巻アクアブレイクを連打してるだけで裏のザシオーガが通るので、1匹でミラーとラキヌオー入りを解決出来るのが非常に強力でした。

 

エースバーン @命の珠 意地 リベロ ※キョダイマックス個体

155-184(252)‐95‐×‐96(4)‐171(252)

火炎ボール ギガインパクト 飛び跳ねる 不意打ち

調整意図

ASぶっぱ

DL調整

主にバドザシやネクロ入りに対してダイマで負荷を掛けに行く珠枠。有象無象の並びに出してダイマで荒らすことが出来て強力でしたが、肝心なバドザシに対して勝率が4割ほどしかなく最後の一時間でようやく一番勝率の高い動きを見つけることが出来たので、もう少し適任な枠がいるかもしれません。

 

マンムー @気合いの襷 意地 鈍感

185‐200(252)‐101(4)‐×‐80‐132(252)

地震 氷柱針 礫 エッジ

調整意図

ASぶっぱ

選出画面にいるだけで相手の選出が読めやすくなったり、対面的な選出をするときや刺さりがいいと思ったときは毎回活躍をしてくれましたが、肝心のザシアンを地震で落とせず巨獣石化で撃ち負けてしまったりと色々怪しかったので要検討枠だと思います。技に関しては、エッジより黒バドに撃てる噛みつくの方がいいかもしれません。

 

【構築の要点】

◆こちらからしか見えない勝ち筋を押し付ける

ザシオーガという型の匿名性の高い構築を使いながら、あまりケアをされない剣舞ザシアン、ゴツメカイオーガ、貯水鉢巻ガマゲロゲといったポケモンを使うことで終盤流行っていた並びに対して高い勝率を保つことが出来たり、相手の想定外の動きが出来るのが本構築の強みだと感じた。

 

【選出】※目安程度

vs 基本有利

初手

 

大体初手にオーガ、ザシアン、サンダーが来るので、オーガの場合はゲロゲ引きからアクブレで裏に負荷を与えて、ザシアンの場合はダイマor熱湯、サンダーはダイマをして対応する。

ヌケニン入りには、ザシアン→カバルドンを投げてもいいが正直切った方が勝率が上がる気はする。ヌケニン入り以外有利でヌケニン入りは五分。

 

vs系統 有利

初手

 

コスパダイナをカバで流しながらザシアンを出すタイミングを見極めながら立ち回れば有利に立ち回れる。最終的にザシダイナが積み合う展開になることが多い。

 

vs 不利

初手

 

一概にこの選出が正しいとは言えないが、最後の一時間にこの選出が一番マシだと気づいた。カバで欠伸ループに入れるとバドのフェアリーで欠伸ループを抜けてくるので、ダイマを切らせてサイコフィールドを貼らせずに砂とステロなどで削れたダイマバドを不意打ちで縛る。仮に不意打ちのタイミングで引かれてもオーガダイマでザシ、バドと@1を一匹で破壊できるので問題ないが、明確なオーガ受けがいる並びはエスバを通すことを意識した方がいい。いずれにせよ勝率はあまり良くない。

 

vs 有利

基本@1

 

ザシオーガ自体がザシイベルに有利なので、基本負けない。

 

vs入り 有利

基本@1 

 

オーガ入りはゲロゲ、ホウオウはマンムー、ザシアンはオーガを@1に投げることが多い。運が多少絡むので安定はしないが、勝率はよかった。

 

その他伝説の組み合わせは柔軟に対応

 

【重いポケモン

黒バドレックス

構築全体で霊、超の一貫を切れてないので当然キツイ。もう少しエスマンムーの枠を黒バド入りに勝てるように組めれば勝率も上がったと思う。

 

【あとがたり】

今期も開始レートが低く、1970付近で5時間も停滞して一度は集中力も無くなってプレミも多数しましたが、最終的に最後まで潜って20位台を取れてよかったです。構築に関してはエスマンムーの枠は改善の余地がありますが、他の4匹はとても強く組めたので少し満足しています。環境的にもネクロ入りやトドンが減っていてザシオーガの通りが良かったのも追い風だったのかもしれません。8時50分に29位から勝てていれば恐らくギリギリ最終10位台に入れていたのが悔しいので、次やるときもまた頑張りたいと思います。シーズン29お疲れさまでした~

 

SpecialThanks

・通話してくれたり、常に上位に居てモチベを高めてくれたg君とどっぺる

・最終日に応援してくれた人達

 

ここまで見ていただきありがとうございました!質問等ございましたら気軽に@Lazy_pk_までどうぞ

twitter.com

 

【証拠画像】