【剣盾S33 最終17位】バドザシFine

どうも、Lazyです。伝説2匹ルールお疲れ様でした。来シーズンからルールは変わりますが、記録として書こうと思います。

スマホで閲覧される方はズームしてもらえると見やすいと思います

 

【並び】

 

【使用TN】

TN Silky heart 最高最終2052-17位 W/L 98-44

f:id:Lazy2525:20220901131803j:image

TN Ethics 最高205× 最終3桁

 

【コンセプト】

カバルドンは一番上

・クッション+アタッカーで柔軟な立ち回りをする

・環境に存在する並び全てに対して戦えるようにする

 

【構築経緯】

どの伝説の組み合わせが環境に合っているかが分からなかったので、一番練度が高い並びを使おうと考えザシアン+黒バドレックスから組み始めた。

終盤になるにつれてカイオーガ入りの並びが増加しており、水無効枠を入れないと勝ち切れないと思ったので、水無効の中でもステルスロックが優秀なゴツメガマゲロゲを採用。

バドザシの並びで黒バドレックスの一貫を切れていない構築は論外なので、黒バド受けの中でも一つ抜けて強く、ビルドアップ+残飯で自身がエースになる動きが出来て強力な残飯ガオガエンを採用。

ここまでで切れていない地面の一貫を切ることが出来て、重めなイベルタル入りや低速気味なサイクルにボルトチェンジでサイクルに負荷を掛けながら動ける珠サンダーを採用。

最後に初手ダイマ珠アタッカーやジガルデ絡み、その他遂行速度の遅い構築に対してテンポを握れるオボンカバルドンを採用。

 

【個体解説】

カバルドン @オボン 腕白 砂起こし

215(252)-132-172(148)-×-106(108)-57 ※S個体値10

地震 ステロ 欠伸 吹き飛ばし

調整意図

HB...オボン込みでA242ザシアンの+1巨獣斬を78.6%で2耐え

HD...出来るだけ高く

S...最遅60族抜かれ

初手ダイマ勢やホウオウ絡み、ジガルデ絡みなど様々な並びに選出することが出来る。持ち物はオボンのみじゃないと初手ザシアンに対してステロから入って巨獣斬を2発耐えながら欠伸ループに入れることが出来ないので本構築ではオボンのみ一択。構築のクッションとして活躍してくれた。

 

ザシアン @朽ちた剣 意地っ張り 不撓の剣

191(188)-242(236)-135-×-135-179(84)

巨獣斬 じゃれつく ワイボ 石化 

調整意図

H...8n−1

A...ほぼ特化

S...+1実数値118ホウオウ抜き

伝説枠。相手のダイマとの撃ち合い性能を上げるためHAベースで採用。技は必須の巨獣石化に加えてサンダーにストレスフリーに殴れるじゃれつくとホウオウ入りに対して安定して勝てるようにワイルドボルトを選択。伝説2匹ルールでも最も強い伝説枠だった。

 

黒バドレックス @気合いの襷 臆病 人馬一体

175-×‐100‐217(252)‐121(4)‐222(252)

アストラルビット サイコショック 悪巧み 挑発

調整意図

CSぶっぱ

伝説枠。スカーフとは違い初手ダイマに対する撃ち合い性能は無いものの、悪巧みで強引に崩すことが出来たり、バドザシラキヌオーランドサンダーに対してカバルドンガオガエンと合わせて勝率100%を維持できた。挑発はラッキーの卵産みを阻止したり、ポリゴン2のトリル、スピスワ、電磁波を咎めることが出来たりとかなり勝利に貢献してくれた。カバルドンの砂と襷は相性が悪いものの、しっかり気を付けて砂ターンの管理や出すタイミングを意識すれば気にならなかった。

 

サンダー @命の珠 臆病 プレッシャー

165-×-105-177(252)-111(4)-167(252)

10万 暴風 ボルチェン 羽休め

調整意図

CSぶっぱ

イベル入りやホウオウ入りの受けなどにカバルドン、ザシアンと一緒に投げたり、その他刺さってる有象無象の並びに出していく。100族以下を確実に抜いておかないと試合プランが崩壊してしまうので、最速で採用。ボルチェン+クッションが単純に強力で、ゼルネアス入りやホウオウ入りによく刺さった。何故か熱風がない前提で立ち回ってくる人がいたので、10万を熱風にしてもよかったのかもしれない。

 

ガオガエン @食べ残し 慎重 威嚇

202(252)-136(4)-128(140)‐×136(108)‐81(4)

フレドラ Dラリ 捨て台詞 ビルド

調整意図

HB...特化ザシアンの±0インファを最高乱数切り耐え

HD...黒バド意識で出来るだけ高く

黒バドの引き先になりつつ、ビルドアップを採用することで火力の無いホウオウや日食ネクロズマポリゴン2を起点に裏まで貫くことが出来る。環境的にシャドボラッキーが多く、シャドボならガエンが、甘えるなら黒バドが通る試合が多く動かしやすかった。ガオガエン単体で見ると間違えなく一番強い型だと思っている。

 

ガマゲロゲ @ゴツメ 生意気 貯水

212(252)‐115‐113(140)‐105‐121(116)‐84

地震 凍える風 ステロ 堪える

調整意図

HB...特化珠エスバの一致ギガインパクトを確定耐え

HD...カイオーガ意識で出来るだけ高く

最終日付近にカイオーガが増加したので、勝ち切るには水無効枠が必要だと考え採用した。カイオーガに対する性能はもちろん、ゴツメを持たせることでザシアンとの撃ち合い性能が上がったり、ザシアンをコピーしたメタモンに対して死に出しから処理できたりと使い勝手がかなり良かった。

 

【構築の要点】

◆クッション+一貫性の高いアタッカーでのゲームメイク

環境に多いザシアン、黒バドレックス、カイオーガに対するクッションを用意しながらステルスロックや対面操作を絡めて裏のザシアンや黒バドレックス、サンダーのような強力なアタッカーの一貫を作る動きが強力だった。

 

【選出】

ルールが変わるので割愛

 

【重いポケモン

特になし

 

【あとがたり】

最終日は開始レートが低かったものの、構築の強さとバドザシの練度でバドザシミラーには一回しか負けなかったりと特定の並びに安定した勝率を出せたので順調にレートは伸ばせたのは良かったと思います。ただ、1桁チャレで運負けをしてしまい気持ちを切り替えることが出来なかったのが良くなかったと感じました。構築の完成度も最終日に急遽作成したのに非常に高かったので、最後に運がついてこなかったのが悔やまれますが、満足のいく形に仕上げることが出来ました。今回も最終1桁に届かなかったので、次潜るときは今回の反省を活かして取り組みたいと思います。

 

SpecialThanks

・通話してくれたどっぺるとg君。

 

ここまで見ていただきありがとうございました!質問等ございましたら気軽に@Lazy_pk_までどうぞ

twitter.com

 

【証拠画像】

画像